2018年2月アーカイブ

Flash Player および AIR バージョン 29 のベータ版が公開されています。新しい SWF バージョンは 40 です。

今回の主な追加機能、および変更点は以下の通りです。すべて AIR 関連の機能です。

  • 新しいソフトキーボードタイプの追加 (AIR モバイル)
  • メディアの自動再生のオプション (AIR モバイル)
  • 位置情報の許可の変更 (iOS)
  • Android SDK アップグレード
  • ENHANCED プロファイルのサポート (AIR デスクトップ)
  • HIDPI サポートの拡張 (Windows)
  • 32 ビットと 64 ビット AIR SDK の統合 (Windows)

HIDPI サポートの拡張は、AIR 23 で追加された機能を、非クライアント領域まで対象に広げたもので、ダイアログボックスやタイトルバーなどが含まれます。Windows 10 (Redstone 1) バージョン 1607 以降で利用できます。

また、AIR 26 出追加された ENHANCED プロファイルがデスクトップ環境でも利用できるようになりました。対象の OS は、Windows8.1 以降と Mac OS 10.9 以降です。これにより、デスクトップ環境でも AGAL4 が利用できます。最新の AGALMiniAssembler はこちらです。

Android SDK は AIR 28 SDK に続き、AIR 29 SDK でも連続で更新されました。各ツールのバージョンは以下の通りです。

2018年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
レンタルサーバー

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.11