アドビから Brackets Sprint 34 の公開

Brackets の Sprint 34 が公開されています。

今回からインストールの方式が変わります。従来は "Brackets Sprint 32" のように、スプリントの番号が付いた名前で OS に登録されていましたが、Sprint 34 は "Brackets" という名前でインストールされます。スプリントの番号は付きません。

今後のスプリントも "Bracets" が名前となるため、次 (Sprint 35) からは、アップデートすると、既存のインストールが上書きされます。以前のバージョンを明示的にアンインストールする必要は無くなります。

もし、複数のバージョンを同時に使用したい場合は、新バージョンのインストール前に、既存のバージョンを別の場所にコピーすれば良いようです。

OS X であれば、アプリケーションフォルダ内の Brackets.app を Brackets Sprint XX.app のように、Windows であれば、Program Files (x86) の下の Brackets フォルダを別名に変更してからインストールすれば、旧バージョンも引き続き使用できるようです。その際、ファイルの関連付け等は引き継がれないので念のため。

新機能

Mac では UI のテーマが変更されました。これは Windows では Sprint 31 のときに先行して採用されていたテーマと同じものです。これでどちらのプラットフォームもアドビのアプリっぽい見た目になりました。

それから、画像のプレビュー時に、ガイドが表示されるようになりました。画像を開いた状態でマウスをその上に移動すると、マウスの位置を中心とする十字のガイド線と、画像内でのマウスの座標値がリアルタイムで表示されます。

これは、スプライトシートを使っていて、その中から CSS で表示する箇所を指定する必要がある際などに便利そうです。

その他、以下のような変更が行われました。

  • 拡張機能
    インストール済みの拡張機能に講師がある場合、"インストール済み" のタブにアイコンが表示される
  • 検索
    プロジェクトのルートフォルダの外に位置していても、一旦開いたファイルが検索対象に含まれる
  • コードヒント
    特定の状況における JavaScript コードヒントの正確性の向上
  • ファイルの扱い (Mac のみ)
    どんな種類のファイルでもドラッグ&ドロップで開くことができる

表面に見える変更の他にも、ファイル操作に関連する API が更新されており、通常のファイルシステムに加え、Dropbox や Skydrive などが利用できるようです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cuaoar.jp/mt4/mt-tb.cgi/484

コメントする

2014年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
レンタルサーバー

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261