2013年11月アーカイブ

Brackets の Sprint 34 が公開されています。

今回からインストールの方式が変わります。従来は "Brackets Sprint 32" のように、スプリントの番号が付いた名前で OS に登録されていましたが、Sprint 34 は "Brackets" という名前でインストールされます。スプリントの番号は付きません。

今後のスプリントも "Bracets" が名前となるため、次 (Sprint 35) からは、アップデートすると、既存のインストールが上書きされます。以前のバージョンを明示的にアンインストールする必要は無くなります。

Adobe Labs に Flash Player 12 と AIR 4 のベータ版が公開されています。 (Flash Player 12 Beta@Labs, AIR 4 Beta@Labs

今回はバージョンが変更されてますが、更新内容を眺めてみる限り、大きな変更は無く、むしろ前バージョンの続きという印象です。なので、単純にマイナーバージョンが二桁になるのを嫌っての変更かもしれません。

今回公開されたバージョンは、それぞれ、

  • Flash Player: 12.0.0.3
  • AIR: 4.0.0.1050

です。

新しい swf バージョンは 23 です。

Adobe Labs から提供される Flash Player の IE 用のプラグインは、Windows 8 では使用できません。これは、Win 8 では、ActiveX の Flash Player を自由に配布できない (Windows Update の一部として配布される) ためで、正式に Flash Player 12 が公開される頃には、引き続き Windows 8 はきサポートされることと思われます。

Flash Player 及び Adobe AIR セキュリティアップデートが公開されました。更新の詳細はこちら (英語) です。

Flash Player の対象となった問題の影響度は一番高い "critical" です。特に、緊急度は Windows 版と Mac 版は実際に攻撃に利用される可能性を示す "1" と位置づけられています。それ以外のプラットフォームは緊急度の低い "3" です。

新しい Flash Player のバージョンは以下の通りです。

  • 11.9.900.152 Windows, OSX
  • 11.7.700.252 Windows, OSX
  • 11.2.202.327 Linux

今回は Android 版の更新はありませんでした。一方、旧環境用の 11.7 には更新が行われたようです。

デバッグ用の Flash Player は こちらから入手できます。Windows 8 と Windows 8.1 用は別になるのでダウンロードの際はご注意を。

Brackets の Sprint 33 が公開されました。

今回は、クイックエディット関連の機能が 3 つ追加され、CSS トランジションのイージング設定もできるようになっています。そのほかにも、検索機能の向上など、いくつかの使い勝手の向上やバグ修正が行われています。

クイックエディット

クイックエディットの新機能の 1 つ目は、transition-timing-function 属性への対応です。

transition-timing-function は、CSS トランジションのイージングを指定する属性で、その値は 4点ベジェ曲線 (もしくは ese-in, linear 等のプリセット) により指定されます。

2014年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
レンタルサーバー

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261