RTMP スペック公開

RTMP のスペックが公開されました。Adobe サイトからダウンロードできます。(Real-Time Messaging Protocol specification v1.0@Adobe developer connection) 公開された仕様は誰でも無償で (ライセンスに記述された範囲で) 利用可能です。

公開された仕様は、TCP 上で映像・音声・データを送信するためのプロトコルです。ハンドシェイクの手順やストリーム上を送信されるデータの作り方、コマンドメッセージのフォーマット等が記述されています。

セキュリティ関連の仕様 (RTMPE や SWF verification) は含まれていません。また、UDP ベースの RTMFP も公開された仕様には含まれていません。

今回の発表にあわせて、RTMP を使って FMS にデータをパブリッシュするアプリケーションを実装したい人のために FMS Connector for C++ SDK が提供されるようです。

コメント(3)

このライセンスで、パブリッシュされたデータを受け取るアプリケーションを実装できるのでしょうか?

arkw さん

申し訳ありません。コメント頂いたのを見逃してました。
遅くなってしまいましたが、禁止されているのは次の 2 点です。
1. ストリーミングされているデータを傍受し保存する目的での使用
2. コンテンツ保護のための手段を回避する目的での使用

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

コメントする

2014年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
レンタルサーバー

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261