Flash Player 9 アップデートのアップデート

先日 Adobe Labs に公開された Flash Player 9 update が更新されました。いくつかのバグが修正されています。新しいバージョンは 9.0.21.75 です。ダウンロードはこちらから。(downloads - flash player 9@labs

あわせて待望の Linux 用 Flash Player 9 ベータが公開されました。バージョンは 9.0.21.55 です。Linux 版はまだフルスクリーンモードがつかえないとかスタンドアローンプレーヤでは SSL が使えないなど多少の違いはありますが、基本的に Windows や Mac 版のアップデート版と同じものです。最終的にアップデート版が正式リリースされるタイミングでは上記の機能も組み込まれる予定です。また 64 bit 版についても FAQ で言及されています。(Flash Player wiki@labs) まだいつ頃出てくるかははっきりしていないようです。

これでようやく Linux 上で無償の Flex 2 SDK を使って開発することが可能になります。FDS も Linux 上でサポートされているので、全ての機能を Linux 環境で使えます。Flex 2 と Linux については Adobe Labs にも専用の wiki がありますのでご参考まで。(Flex 2 for Linux wiki@labs

サポートされる環境は次のとおりです。

  • Red Hat Enterprise Linux 3, Update 8
  • Red Hat Enterprise Linux 4, Update 4 (AS/ES/WS)
  • SUSE Linux 9.x or 10.1
  • Firefox 1.5.0.7
  • Mozilla Seamonkey 1.0.5

主な既知のバグはリリースノートをご覧ください。(known issues@labs

コメントする

2014年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
レンタルサーバー

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261