Flash Player と AIR のバージョン 23 が公開されました。今回公開されたランタイムの詳細なバージョンはそれぞれの以下の通りです。

  • Flash Player : 23.0.0.162
  • Flash Player (Linux Firefox) : 11.2.202.635
  • Flash Player (拡張サポート) : 18.0.0.375
  • AIR SDK & ランタイム : 23.0.0.257

新しい SWF のバージョンは 34 です。

ベータ版情報の記事の後に追加された機能は以下の 3 点です。

  • iOS アプリで GameInput API が利用可能に
  • Android アプリでエコーキャンセル機能が利用可能に
  • Mozilla NPAPI で非同期の描画をサポート

GameInput API のサポートにより、iOS デバイスに接続されたゲームコントローラーから AIR アプリを操作できるようにになります。対象となる iOS のバージョンは 9.0 以上です。これは、既に Android では使えた機能と同等のものです。

エコーキャンセル機能は、VIOP アプリなどで必要とされる、音の共鳴を抑えるための機能で、Android でもサポートされたことにより、全ての AIR アプリで使用可能になりました。利用するには、バージョン 34 の SWF としてコンパイル&パッケージして、マニフェストファイルに以下の行を追加します。

Flash Player および AIR バージョン 23 のベータ版が公開されています。(Adobe AIR@Labs) SWF バージョンは 34 になりました。

今回の主な追加機能および変更点は以下の通りです。

  • iOS で StageText のクリアボタンがオプションに
  • Windows 上でも AIR アプリが HiDPI をサポート
  • Flash Player が HSTS に対応
  • Flash Player 上で VideoTexture を使ったハードウェアエンコーディングが可能に
  • ローカルコンテンツ再生時のオプション設定を変更

VideoTexture は AIR アプリではバージョン 17 から利用できた機能と同じものです。バージョン 23 からは Flash Player でも Stage3D のテクスチャとしてビデオ入力を利用できます。

Windows 環境での HiDPI サポートは Mac OS 環境では既に提供されていた機能です。使い方が同じなので、requestedDisplayResolution タグの値に high を指定すれば、2 つのデスクトップ環境に対応します。

HSTS 対応により、Flash Pyaer はサーバーとの通信に HTTPS の使用をリクエストするようになります。特に、他の SWF ファイルを読み込む場合には、HSTS 対応のサーバーと組み合わせることで、プロトコルハイジャックの危険性の低減が期待できそうです。

Flash ランタイムのバージョン 22 が公開されました。公開されたランタイムの詳細なバージョンはそれぞれの以下の通りです。

  • Flash Player : 22.0.0.192
  • Flash Player (Linux Firefox) : 11.2.202.626
  • Flash Player (拡張サポート) : 18.0.0.360
  • AIR SDK & ランタイム : 22.0.0.153

新しい SWF のバージョンは 33 です。ベータ版の情報の記事に無かった変更点として、Android 版の AIR ランタイムでは、ビデオコーデックのデコードパイプラインが大幅に変更されています。これは、グーグルのガイドラインに従った変更で、機能追加等はありません。ActionScript の書き直しの発生やパフォーマンスへの影響はないはずですが、なにかあればバグレポートをお願いしたいとのことです。

 

Flash Player および AIR バージョン 22 のベータ版が更新されました。(Adobe AIR@Labs

先月公開されたときは AIR ランタイムからの Flash Player 削除のみが変更点でしたが、今回はいくつもの機能追加が行われています。

  • モバイル環境でも Contex3D.setRenderToTexture を使い、ハードウェア機能によるアンチエイリアスが可能に
  • iOS 上での getEnhancedMicrophone を使ったエコーキャンセルに対応
  • Android N ベータへの対応
  • Windows デスクトップ環境で AIR アプリが HiDPI をサポート
  • 画面上に表示される AIR コンテンツを stage.contentsScaleFactor により拡大縮小
  • LSO などを Roaming ではなく Local 以下に配置するフラグ EnableLocalAppData を mms.cfg に追加 (Windows)
  • Mac 上で Flash Player のベータ版と正規リリース版の共存を禁止 (Windows 環境ではバージョン 14 から適用されていた制限)
  • Flash Player 及び AIR の言語設定を上書きするための属性 DefaultLanguage を mms.cfg に追加

また、以下の機能がベータ版限定の機能として追加されています。これらが実際に使えるようになるのは少し先のバージョンになりそうです。

  • Flash Player でも VideoTexture を利用可能に (Stage3D コンテンツでハードウェアデコードしたビデオを扱える)
  • iOS 9 から拡張されたマルチタスク機能への対応

AIR バージョン 21 が公開されてからまだ一月ですが、早くもバージョン 22 のベータ版が公開されました。(Adobe AIR@Labs

今回の変更は、AIR ランタイムや AIR SDK 内に組み込まれていた Flash Player を削除するというものです。これにより、デスクトップ環境のAIRアプリケーションの一部は影響を受ける可能性があります。

AIR アプリで、HTMLLoader を使うか、StageWebView のコンストラクタの引数 useNative に true を指定しない場合、URL から読み込まれたコンテンツの表示には AIR ランタイムに組み込まれている WebKit が使われます。その際、コンテンツ内に SWF が含まれていると、従来は AIR ランタイム組み込みの Flash Player が実行されていました。

AIR バージョン 22 では、WebKit 上の SWF コンテンツの表示にも、システムにインストールされている NPAPI プラグインの Flash Player が使用されます。つまり、FireFox 等のブラウザと同じコードを使用するわけです。NPAPI プラグインが見つからない場合は、ダウンロードを促す画面が表示されます。プラグインのインストール後には、アプリの再起動が必要です。

この動作を実現するため、WebKit とシステムの NPAPI プラグインの間を取り持つ代理プラグインが AIR 22 ランタイム及び SDK に搭載されています。代理プラグインのバージョンは 254.0.0.0 です。

 

Flash ランタイムのバージョン 21 が公開されました。公開されたランタイムの詳細なバージョンはそれぞれの以下の通りです。

  • Flash Player : 21.0.0.182
  • Flash Player (Linux Firefox) : 11.2.202.577
  • Flash Player (拡張サポート) : 18.0.0.333
  • AIR SDK & ランタイム : 21.0.0.176

新しい SWF のバージョンは 32 です。ベータ版の発表後に追加された機能としては、ソフトウェアキーボードのUIを制御できる属性 InteractiveObject.softKeyboard があります。例えば数字入力専用のキーボードを表示する、といった使い方ができます。

その際、設定可能な値は flash.text.SoftKeyboardType クラスに定義されています。全部で6種類あります。デフォルトの値は SoftKeyboardType.DEFAULT です。

  • default
  • punctuation
  • url
  • number
  • contact
  • email"

そのほかに追加された API は先日お伝えしたとおりです。念のためリストしておきます。

  • Context3D が使用する GPU のメモリ情報を取得: Context3D.totalGPUMemory
  • モバイルアプリのメディア自動再生を制御: StageWebView.mediaPlaybackRequiresUserAction

オーサリングツールからは Flash の文字が消えましたが、Flash Player のは引き続き順調に更新されているようです。

 

Flash ランタイムのバージョン 21 のベータ版が Adobe Labs に公開されています。 (Adobe AIR Beta 21@Labs

主な変更点は以下になります。新しい swf のバージョンは 32 です。

  • iOS および Android 環境における StageWebView 内メディアの自動再生
  • Android 上の StageWebView 内コンテンツを USB 経由でデバッグ
  • Context3D から GPU メモリ情報を取得
  • Firefox でブラウザーのズーム比に対応した Stage3D コンテンツ表示
  • Mac 上で PPAPI 経由のベクター印刷をサポート
  • LSO 設定 UI の簡素化

Firefox のブラウザーズーム比への対応は、既に ActiveX や PPAPI で実現されているものと同じです。Firefox 側も更新の必要があり、現時点で試すには Nightly ビルドが要るようです。

ベクター印刷機能は、逆に Firefox で利用可能だった機能が、Chrome 等の PPAPI ブラウザーで利用可能になりました。今回は Mac 環境のみのサポートです。

また、今回からベータ版限定で、利用状況のデータを取得する機能が追加されました。インストール後に、データ送信の選択を行うダイアログが表示されます。詳細は別記事でお伝えする予定です。

Flash ランタイムのバージョン 20 が公開されました。公開されたバージョンは以下の通りです。

  • Flash Player (Firefox, Safari) : 20.0.0.235
  • Flash Player (その他のブラウザー) : 20.0.0.238
  • Flash Player (Linux Firefox) : 11.2.202.554
  • Flash Player (拡張サポート) : 18.0.0.268
  • AIR SDK & ランタイム : 20.0.0.22

新しい SWF のバージョンは 31 です。AIR の新機能を利用するには名前空間に 20.0 以上を指定します。

Flash ランタイムに関する Facebook とのパートナーシップに関する発表もありました。

新機能は、先日のベータ版情報でお伝えしたものに加え、Stage3D 関連でひとつ追加がありました。同じデータのオブジェクトを複数個描画するときに、個別に drawTriangles () を呼ぶ代わりにまとめて描画できる機能です。パフォーマンスのチューニングに役立ちそうです。

この機能は Standard Extended プロファイルをサポートするモバイルデバイスのみで利用できます。

先日の発表によれば、Flash Professional と名の付くツールは2015 年 6 月に公開された現行バージョンが最後となります。来年早々に予定されている次のアップデートからは別の名称 (Adobe Animate) に変わります。

新しい名前の良し悪しは別として、「名は体を表す」 のことわざに従うならば、今回の変更は理解できないものではありません。池田さんの今年の MAX レポート記事にもあるように、Flash Pro は 「もはや Flash 制作のためだけのツールではない」ものとして使われるようになっています。これからは、「Flash Pro は HTML コンテンツもつくれます」 の代わりに、「Adobe Animate はFlash コンテンツも HTML コンテンツもつくれます」 と言えるわけです。ツールの説明としては後者の方が素直です。

加えて、今回の発表は、アドビが今後もインタラクティブなアニメーション制作ツールの開発に注力するであろうことを示唆するものです。既存ユーザーにとって、これは良い知らせでしょう。しかし、Flash Pro の後継としてのAdobe Animate が、単なるツールに留まらず、再び文化的に特異な場所をクリエイターに提供できる存在になるような発表ということでもなさそうです。残念ながら、もう既に期待するだけ無駄な状況なのかもしれませんが。

Flash ランタイムのバージョン 20 のベータ版が Adobe Labs に公開されています。 (Adobe AIR Beta 20@Labs

以下が主な変更点です。AIR 20 では、互換性に影響のある変更が行われています。新しい swf のバージョンは 31 です。

  • Android SDK を 24.3.4 に更新。Android 6.0 (API level 23) をサポート
  • Mac OS X アプリの 64 bit 化
  • iOS 上で SecureSocket API をサポート
  • NPAPI では利用可能だったベクター印刷を PPAPI でもサポート
  • ビデオのメタデータを ActionScript から取得
  • Edge および IE (Windows 8 以降) でコンテキストメニューから GPU 描画を切り替え可能

ビデオのマトリックス情報の取得は、Video オブジェクトに NetStream を使ってプログレッシブダウンロードした場合のみ利用可能です。

初期段階の実装として、Android TV のサポートも追加されました。この機能が実際に使えるのはバージョン 21 以降になりそうです。

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

  • いまい: Android端末がGamePadになる機能もついたらしいですね! 続きを読む
  • ackie: 匿名さん、こんにちは。 すみません。連投のせいかコメントがスパム扱いされていました。 その後問題は解 続きを読む
  • ackie: いまいさん、こんにちは。 ご指摘ありがとうございました。修正しておきました。 続きを読む
レンタルサーバー

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.2.11